sdgs_top_2.jpg

SDGs

持続可能な開発目標

持続可能な開発目標(SDGs)とは

SDGsとは「Sustainable Development Goals(持続可能な開発目標)」の略称です。そもそもどう発音するかというと、SDGs(エス・ディー・ジーズ)です。時々エス・ディー・ジー・エスと読まれる方がいらっしゃるのですが、最後はGoals(ゴールズ)の略です。

SDGsは2015年9月の国連サミットで採択されたもので、国連加盟193か国が2016年から2030年の15年間で達成するために掲げた目標です。

17の大きな目標と、それらを達成するための具体的な169のターゲットで構成されています。

sdg_logo_ja_2.png

地球温暖化を防ぐための低炭素社会の取り組みは人類の最大の課題と考えられる。国際的な削減目標が定められ、日本にも厳しい達成目標が課せられている。新しい省エネ基準が定められ、義務化の方向となります。このような社会的な要請に建築業界ではどのように対応していくのか。建築物の性能に関わる基準は意匠デザインや住まい方と関わるため、多くの専門家間にも議論があります。
特に昨今、省エネルギーは必須の条件でありますが、地域性、快適性、健康性、ライフスタイルと関連する住宅の省エネルギーのデザインの手法は実に多様です。

新しい省エネ基準では、建物で消費される1次エネルギーが評価の指標となっており、住宅でいえば、暖房・冷房・換気、給湯、その他の用途の合計で総合的に評価されます。用途相互間のやりくりが評価できる、融通の利くシステムです。このエネルギー消費に見合うだけの十分なエネルギーが創出されれば、ZEB(ゼロ・エネルギー・ビル)やZEH(ゼロ・エネルギー・ハウス)と評価されます。

金谷建設のSDGs推進への取り組み

1.省エネルギー設計

エネルギー消費量の少ない建築物を建てることを目的とした設計を目指しています。

2.環境に配慮した建築

施工、完成後の運用、維持・改修、解体といった建物のライフサイクルを通じて、様々なかたちで環境に配慮します。

3.循環型建築社会の実現

建築する住宅には再生可能な循環型建築資材を活用し、循環型建築は持続可能な建築物として未来の子どもたちへ伝えるとともに、地球環境に貢献する建築物が立てられる社会を目指します。

sdg_icon_07-15.png
22170823.png